夜明け前が最も暗い

何かを失った自分が、新しい自分を手に入れるまで。

進捗状況6/23

今週のお題「わたしの好きな色」

 

昨日、婚活パーティーに行ってきた。

回転寿司の人間バージョンみたいな流れで、向かい合った男女が適当に話して、時間が来たら次の席へずれていくみたいなシステムだ。

結果から言うと(デキる大人は結論から言う)、10人中5人から、つまり、参加者の半分から連絡先をいただいた。

こう書くとモテるみたいだが、多分違う。

参加した婚活パーティーの対象が20〜30代で、31歳の私はその中では若かったみたいだ。

あと、女性も30代後半の方が多かった(20代は1人しかいなかった!)。

正直、20代後半〜同年代くらいを期待していたので、連絡先をくれた方は30代後半の方が多かったので、有り難くて申し訳ないけれど、連絡はしなかった。

それで、連絡をもらった同年代の方とそのまま軽くお茶をして別れた。

そして、ここで問題が発生する。

「相手を決めかねている」ということだ。

 

自分は今、婚活をしているが、何人か彼女?候補ができた。

一人は前にアプリを通じて知り合った方で、遠方に住んでいるが、何回か会いに行った人。

二人目は今、オミアイのアプリでメッセージのやりとりをしている人だが、会ったことはない。

そして、三人目は先程紹介した婚活パーティーで知り合った人だ。

もちろん、付き合える確証はないし、そもそもまだ会ってすらいない人もいる。

しかし、何かの弾みで付き合えることになった場合、他の二人は断らなければならないだろう。

アプリの人はフェードアウトという手もあるが、他の二人は会っているのでそれも簡単にはできない。

確かに、いずれはひとりに絞らなければならない。

でも、自分はモテないので人を「切る」という経験がなく、苦手だ。

 

そして、何より一番の懸念は「相性」だ。

一人目の方は話は合うが、恋愛についてのスタンスが合わない。また、住まいも遠い(自分の住んでいる所から2時間程度)。

二人目の方は恋愛のスタンスは似ているが、一人目の方よりさらに遠い場所に住んでいて、会ったことがないから顔もわからない。

三人目は近い場所に住んでいるが、恋愛についてのスタンスが合わないし、ちょっと家族に問題がある。

自分が選べる立場にはないが、やはり自分のことなので決めなきゃはいけないとも思う。

それか、もう全部お断りしてしばらく婚活を続けるべきだろうか。

悩む。

 

あ、私の好きな色は赤です。

揺れた!

f:id:imhni:20190619221500j:image

 

揺れた!

昨日は突然の地震にびっくらこいた。

こちらは新潟なので、ものすごく揺れた。

住まいが北の方ではないからそこまでではなかったと思うが、割と狼狽えるくらいの揺れだった。

震災の後は結婚する人が増えたと聞く。

今ならわかる。めっちゃ怖いから笑

誰かに寄り添いたくなる訳だ。

そんな風に一人で納得してしまった。

本当は地震が起きた場合、職場に行かなければならない決まりなのだけど、すっかり忘れていた。

なので、今日は職場でバツの悪い一日を過ごした。

もう地震なんて起きない方がいい。

でも、そんな心細さに気づけた出来事だった。

やはり自分は寂しがり屋らしい。

最近知り合った人は、友達の延長で付き合うと言っていた。

寂しいからというよりも一緒にいて楽しいから付き合うのだと。

目から鱗だった。

寂しがり屋の自分にはない考え方だった。

それもそうなのだが、今はただ誰かが側に居て欲しい、そんな気持ち。

進捗状況6/11

f:id:imhni:20190611195315p:image

 

もうやめてしまったが、前にマッチングアプリで知り合って、やりとりを続けていた女性と昨日会ってきた。

実は今月の頭にも会ったので、今回は2回目だ。

アプリで知り合った人と2回以上会うことがなかったので、今回が初めてのことだった。

割と多忙な方で、無理を言ってスケジュールを空けてもらった。

しかも、自分の住んでいるところから割と離れたところに住んでいる方なので、物理的に会うことも大変だった。

 

正直、あまり手ごたえはなかった。

1回目に会った時は初対面ということもあり、お互いに気を使っていたせいか、会話はそれなりに盛り上がった(ように感じた)。

でも、今回は2回目ということと仕事終わりということもあり、あまり会話は弾まなかった。

特に前に話したことをあまり覚えていてくれなかったことは辛かった。

会った時の感触だけでなく、二人の間の「温度差」も辛かった。

自分の性格的に、こちらは会いたかったのだけれども、あちらは予定が合わなかったり。

もちろん、会えないことは仕方がないことなのだけれど、今回のつれない態度も合わせて、相手は自分にあまり興味がないのかなと思った。

 

矛盾しているようだけど、多分このまま会い続ければ付き合えるのかもしれない。

でも、本当にそれでいいのだろうか。

自分の中では出会う前のような情熱やドキドキはかなり薄くなっている。

やれればいいなんてそんな関係は嫌だ。

きっと今ならまだやり直すこともできる。

しかし、2回も会えたということは少しは気が合うのかもしれない。

そして、自分にはもうこんなチャンスはこないのかもしれない。

でも、自分の心はそれを望んでいない、というかまだわからない、というのが本音だ。

もう一度だけマッチングアプリを再開しようかな。

一人の女性ばかりを見て、視野が狭くなっていると感じるから。

色んな感情が渦巻く自分自身を何とか制御しなければならない。

バイクの話

f:id:imhni:20190605202229j:image

 

バイクの話。

私は昔、郵便局員だった。

その時にバイクの免許を取った。

仕事は嫌いだったが、バイクは好きになった。

しばらくした後に私は郵便局を辞めた。

でも、バイクは乗り続けたかったから、郵便局を辞めた退職金で、郵便局で乗っていたのと同じバイクを買った。

排気量が小さいからそんなに乗ることはなかった。

特に新潟は雪が多いから、乗れるシーズンが限られる。

それでも、旅をしたくて、そのバイクで旅をした。

北海道には2回ほど行った。

乗り心地はお世辞にも良いとは言えない。

でも、燃費はすこぶる良く、一緒に旅をした愛着のあるバイクだ。

楽しいことも辛いこともあった。

思えば、郵便局に入らなければバイクに乗ることすらなかったと思う。

だから、辞めてしまったけど、あれはやはり無駄ではなく、良い経験だったのだと思う。

今、私は旅をすることが出来ない。

仕事のせいだ。

給料は増えたが、ストレスも増えた。

多分、私の中では給料よりもストレスを溜めないことの方が重要だ。

あと、たとえ痛いおっさんだと言われようとも、人の目なんて気にせずに自由にやったらいいと思う。

人の目ばかり気にしてストレス発散ができなきゃ、それは本末転倒だろう。

正直、もう今の仕事は懲り懲りだ。

自由に旅行に行くこともできない。

いや、休みはある。

が、休みの日に仕事をしたり、出勤したりと心が休まらないのだ。

早く自由になりたい。

飲み会がつらい

f:id:imhni:20190604213057j:image

 

飲み会がつらい。

私は飲み会が嫌いだ。

実は今日も飲み会で、今帰ってきたところだ。

飲み会が無くなればいいのにと思っている。

理由はたくさんある。

まず、私は酒があまり好きではない。

なので、そこでまず気を使わなければならない。

あと、基本的に誰にも注ぎたいと思わない。

自分の分は自分で注げよと思っているから。

普通の人なら「そういうものだから」で済むのだろうが、私はそれを納得していない。

なおかつ、それを強制されるのはもっと嫌いだ。

そもそも、飲み会の半強制的な感じも受け入れ難い。

だが、飲み会全部を否定している訳ではない。

仲が良い人同士で呑むのは最高のことだと思う。

だが、職場での飲み会でそれはない。

意味のない気疲れしかない。

私抜きで勝手にやってくれれば一番いい。

でも、サラリーマンやってる限りはこの苦悩から解放されることはないんだなとも思う。

飲みニケーション?

fuckだね。