読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前が最も暗い

何かを失った自分が、新しい自分を取り戻すまで。

コンピューターに負ける人たち

f:id:imhni:20170423150520p:plain

 まだ20代なのに健康診断に引っ掛かり、昨日再検査に行ってきました。

 

 さて、その帰りに証明写真を撮りに行ったのだけど、そこでの店員の対応がとても酷かった。写真の出来栄えは被写体である自分が悪いのでしょうがないとして、接客は最低レベルだった。具体的に言うと「カ○ラのキ○ムラ」なのだが、店員の言葉遣いは荒いし、なぜかカルトン(お金を乗せるやつ)は店員に近いところに置いてあった。恐らく店員のやる気もないし、社員教育も満足にできていない店なのだろう。

 しかも、この「カ○ラのキ○ムラ」は近年、業績不振で県内で店舗の閉店が続いている。その理由はスマートフォンの普及や写真離れと考察されているが、それは的外れだと思っている。少なくとも自分はカメラも写真も大好きだが、この店は接客の一瞬で嫌いになった。というか、こんな接客するような店には普通二度と行きたいとは思わない。

 でも、こういうことはこの店だけに限らない。携帯電話の店でも同じようなことがあった。機種変更に行った際に、明らかに客との距離感がつかめていない定員に接客され、不快な思いをしたことがある。機種変更に来ただけなのに聞かれたくもないことに探りを入れられ、しかも間違った情報を教えられたことがある。でも、悪かったのはその店(というか、その店員)だけであって、別の店に行った時にはスムーズに機種変更ができた。

 昨今セルフレジなどが普及し、「将来コンピューターに取って代わられる仕事」が話題になっているが、こういう体験をするとそれも仕方がないのかなぁとも思う。コンピューターは融通は利かないけれど、ダメなものはダメだときっぱりと弾かれるし、それも機械だからしょうがないと諦めがつく。でも、人が対応するとそれ以上のことが求められる。しかし、それに現在の接客レベルは届いていない。その現状を見ると、淘汰されるのも必然なんじゃないかとさえ思えてくる。というか、不快な接客をする店は一刻も早く消えて欲しいくらいだ。

 こういう現状を生み出す背景には、企業の努力不足ある。店員の接客レベルが低いのは、店員の能力やモチベーションに問題があり、その現状を上が知らない、もしくは知っていても改善しないような企業だから客足が遠退くのだ。店員の能力が低いならば教育すればよいし、店員のモチベーションが低いのなら給料や福利厚生を良くして待遇を上げればよい。それができないような企業なら遅かれ早かれいつかは潰れるだろう。大体、従業員の満足度が低い企業は客の満足度も低いように思える。企業は人でできているのだから、それを疎かにすればどうなるかはわかるだろう。

 

 もしこの記事を見て、接客をする側の方が何か感じるものがあれば幸いだ。そして、あわよくばより良い接客を行ってくれることを祈っている。それは私やお客様の為ではなく、あくまで自分の店が無くなってしまわないよう自分自身の為にだ。

東京タラレバ娘

f:id:imhni:20170415190534j:plain

 

 休日(うれしい)。暇になったので、最近実写の連ドラが終了した東村アキコ著『東京タラレバ娘』を読んだ(1~6巻まで)。今回はそのタラレバ娘の登場人物について、男目線(というか、自分目線)で紹介する。ちなドラマ版は未視聴。

 

 

f:id:imhni:20170415191727j:plain

 ↑主要登場人物の三人(香・倫子・小雪

 

①倫子(ドラマ版演:吉高由里子

 三人組の主人公格。脚本家。33歳。運だけウーマン。性格が悪い。特に見下し(マウンティング)は基本で、相席居酒屋での戦闘力の数値化や仕事の依頼に大きさを持ち出したりとかなり人間的に問題がある。ただし、三人組の中では割とまともに恋愛をしている方。

 

②香(演:榮倉奈々

 倫子の高校時代からの親友。ネイリスト。(都合の)いい女1。あるきっかけでバンドマンである元カレと再会するがセフレとしか見られていない(しかも、他にも女がいる様子)。偶発的な倫子とは異なり、妊娠騒動など境遇は割と現実的。

 

小雪(演:大島優子

 倫子の高校時代からの親友。父親が営む居酒屋の看板娘。(都合の)いい女2。しかし、香と違って相手が既婚者で不倫なのがタチが悪い。三人組の中で唯一料理をまともに作れたり、比較的に常識人であるなどスペック自体は悪くないのだが、男を見る目が絶望的にない。

 

④KEY/鍵谷(演:坂口健太郎)

 人気モデル。25歳。タラレバ女の生みの親。控えめに言って神。言動はとげとげしいがそれはあくまで筋の通った正論であり、三人組を要所要所で助けるなど行動力もあり男の中の男である。抱いて!!

 

⑤早坂(演:鈴木亮平

 制作会社のディレクター。35歳。10年前に倫子に告白して振られた過去を持つ。よく意味の分からない人。倫子が好きだったのかと思えば、全然タイプの違うマミと付き合ったりと三人組とは別方向で拗らせている男。作者のおもちゃ。

 

⑥涼(演:平岡祐太

 香の元カレ。人気バンドのギタリスト。本命の彼女はいるが、香とセフレ関係になる。クズ1。

 

⑦丸井(演:田中圭

 あるきっかけで三人組と出会ったサラリーマン。妻子がいるにも関わらず、小雪と不倫関係になる。クズ2(同じクズでもこっちは邪悪)。

 

⑧マミ(演:石川恋)

 倫子のアシスタント。19歳。高校生の彼氏がいるが、早坂とも交際する。後に男を事務所に連れ込み、早坂とは破局する。若手ながら仕事にプライドや美学を持っており、実際にチャンスを掴むが男女関係は奔放。職業人としては尊敬できるが、人としては尊敬できないタイプ。現実でもこういう人はいる。

 

⑨サンセットの人(演:オリーブオイル)

 倫子と偶然知り合ったバーテンダー。倫子と交際関係になるも破局する。サイコパス。自分が好きなものを相手に強要するという恐ろしい言動をとる。こういう描写すると映画好きがみんなこうだと誤解されるからやめちくり~。

 

 

 以上、雑に紹介。KEY君がカッコいいのでオススメです。是非、御一読あれ。

 

f:id:imhni:20170415202516j:plain

残業が減らないワケ

f:id:imhni:20170415093952p:plain

 

 新年度が始まって2週間になるが、既に上司の超勤が40時間に到達しそうでオラワクワクすっぞ!自分は新入社員でまだやることもないので(というか放置中)、定時に上がっているがこの状況を見るとこの先がかなり不安になってくる。

 

 そして昨日、この超勤の原因が少しわかった出来事があった。

 身バレを避けるため詳細は省くが、私の勤めている会社では新年度に他社に新しく入社してくる社員に対してある営業活動を行っている。内容は新入社員の前で説明を行い、ある制度に加入してもらうというもの。

 んで、その会議が昨日あったのだが、んまー諸々の内容が薄いのよね。加入の説明は口頭、申し込みを書面で行っているらしいのだが、明らかに時代に合っていない。パソコンやスマホのネットとかでやった方が初期コストはかかっても人件費削減やペーパーレスでチャラでなると思うのだが。それこそ平成生まれの新入社員ならパソコンやスマホと共に育った世代だから紙よりもネットの方が取っ付き易いはずだと思うのだが。

 しかし、そういう意見は会議の際には一切挙がらない。自分も言わない(というか、言えない。関わりたくないから)。もちろん、会議は結論ありきで進行するものだから突発的な意見は出ないのかもしれない。しかし、誰もそういったことを考えつかないこと自体がおかしい。

 

 本題に戻ろう。そこで感じたのは彼らはあくまでも与えられた仕事に取り組んでいるだけということだ。正直、思考停止とも言える。仕事の制度やフレーム自体を変えようと考えている人間はいない。自分が管理していない上から与えられた仕事をただこなしているだけに過ぎない。だから、残業が減らない。前者は与えられた仕事で、後者は自らが自発的に作り出して管理している仕事だ。これは大きな違いだ。今は「たまたま」仕事があり、忙しく残業をしているが与えられる仕事がいつまでもあるとは限らないのだ(事実、この会社は年々収益が減っている)。

 しかし、後者のように仕事の制度やフレームさえ変えられれば、作業効率は上昇し、他の新しい仕事もできるようになる。今回のことで言えば、口頭や書面と併用して申し込みをネットで行わせることによって書類の不備や説明を行う外交員は最低限で済むようになる。そうなれば、その分の時間や予算を他に回すことができるようになる。

 もちろん、新しい事業に手を出せばまた新しい仕事は増えるかもしれない。しかし、仕事をフレーム単位で一つ一つ効率化することによって、必ずしもその人でなければならないというような熟練を要する業務は減り、互換性のある人材配置ができるようになる為、トータルでの負担は軽くなる(それにも議論の余地はあるが)。よって、残業は確実に減る。

 

 

 ちなみに、仕事で酒も煙草もやらないと言ったら、別々の人から人生の半分を損していると言われたのだが、どうやら自分の人生の価値は消滅していたらしい。

初戦敗退~とどかぬ想い~

f:id:imhni:20170409125555p:plain

 新しい仕事に絶望感しかなく、久々に迎えた週末にアッパーになった自分は何をトチ狂ったのか1年ぶりとなる街コンに繰り出したのだった。

 

 今回の街コンはいわゆる「婚活パーティー」形式で、まず対面で1対1の自己紹介、その後、席を自由に移動できるフリータイム、最終的にカップリング(カップル発表)という内容だった。

 

 デキる社会人は結果から話す。そう、1年ぶりの街コンの結果は惨敗だった。

 

 まず、自己紹介は1組約2分というハイペースで行われ流されるままになってしまった(イメージとしては回転寿司みたいな感じ。男性が座席を移動していく)。

 しかも、事前に配布された自己紹介カードをもとに会話をするのだが、書いていない人も多く話を引き出す話術が必要になる。ここに戦略が発生する。書く項目には「趣味」や「年齢」、「血液型」や「喫煙の有無」などを書く欄がある(中には「年収」を書かせる街コンもある。ゲロゲロですね)。ここでマニアックな回答をしてしまうとその説明だけで会話が終わってしまったり、逆に無難すぎて印象に残らないこともある。そこに駆け引きがある(間違っても好きなグループを「ノーナ・リーブス」とか書けない悲しさ)。

 女性陣はそんなことを気にしないので、ディズニーとかショッピングとか被ることがざらにある。趣味:相撲鑑賞とかはいない。

 

↓平成の諸葛亮と呼ばれた自分も舌を巻く

f:id:imhni:20170409134212j:plain

 

 次のフリータイムでは、コミュニケーション力が必要となる。自由ゆえに司会は進行してくれないからだ。今回も女性に話し掛けることが出来ない男性グループが完成していた(彼らはどこの街コンでも存在するストイックな一派である)。

 

↓彼らの脳内

f:id:imhni:20170409134847j:plain

 

 しかし、女性に話し掛けることが出来ても気は抜けない。それは例えば意中の相手が友達同士で参加している場合だ。この場合、その女性だけでなくまわりの友達にも注意を払わなければならないからだ。これは高等技術を要する。多勢に無勢。自分はここで死んだ。

 さらに、他の男性参加者にも注意が必要だ。大抵可愛い子や綺麗な子に男性は集中する。場の空気を意識しつつも、1対1ではもうないので、他の男性参加者はライバルとなる。今回も場の空気と女性人気をかっさらう剛の者がいた(通称「宇宙くん」。プラネタリウムみたいな柄の服を着ていたので)。

 

 カップリング。今回は6組のカップルが成立した(ちなみに「宇宙くん」はカップル成立しなかったものの、終了後に自力で女性と連絡先の交換をしていた。ぐう賢い)。戦いに敗れた自分は足早に会場を一人で去った。

 

 今回の反省点としては、会場の空気に飲まれてしまったことと相手をあまり褒められなかったこと。今回の反省を糧にして次回は同じ過ちは犯すまい。仕事が落ち着いてきたら、これに懲りずにまた参加しようと思う。

 

 婚活など、何か良いアイデアなどありましたら情報下さいm(_ _)m

のけものフレンズ

 

 ワクワクドキドキの新年度が始まった。しかし、仕事に向かう前に見た鏡の向こうの自分はヌマクローのような表情をしていた。

 

ヌマクロー 

f:id:imhni:20170404201220p:plain

 

 なぜなら、私は入社後から絶賛放置プレイ中だからである。

 

 「けものはいても のけものはいない」。某アニメではこう言っていた。しかし、この会社で私と局長は明らかに群れから外れたのけものだった。

 

 この春より外部から会社にやってきたのは、中途採用の私と新たに赴任した局長だけだった。この会社は少々特殊な業種であり、本格的な繁忙期が通常よりもずれ込んで続いている状況であった。そんな中で私は中途採用の補充要因として迎えられたのだが、忙しすぎて今はそんな場合ではないというようなウェルカムではなくゲラウェイな現場の雰囲気があり、思考回路はショート寸前のスタッフたちとかなりの温度差を感じた。特に外部から招かれて迎えられた局長ならまだしも、一介の平社員であり、新卒も同然の大した能力もない私は誰からも望まれない忌み子と化していた。

 

 そんな訳で採用を行った人事からも担当である部署からも絶賛放置中である私は退屈と無関心という二大巨悪に蝕まれていた。中途採用なのだから、甘えないで自分から仕事を積極的に探せという意見もあるかもしれない。しかし、私が担当する予定の仕事は資格が必要であるがまだ取得しておらず、今は意味も意義もわからない雑用らしき仕事を探してやっている。

 

 たった2日しか経っていないのにかなり精神をやられたような気がする。この精神は体力とは別もので、金色のガッシュで例えるならば、バオウ・ザケルガを唱えるための心のエネルギーのようなものだ。

 

↓バオウ・ザケルガ

f:id:imhni:20170404204101j:plain

 

 そのエネルギーが日に日に無くなっていくのがわかる。日曜日に100あったエネルギーが初日を経過し40になり、寝た後には80に回復するが全快はせず、2日目には60に減っている。つらい。

 

 誰か励ましの言葉を下さい。

 

f:id:imhni:20170404210242j:plain