読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前が最も暗い

何かを失った自分が、新しい自分を取り戻すまで。

失恋ソングノススメ

f:id:imhni:20161213062408j:plain

 

 どうも、ぺんぎんです。

 

 

 突然ですが、「渇いたkiss」って曲を知っていますか。これはMr.Childrenの10枚目のアルバム『IT’S A WONDERFUL WORLD』に収録されている曲です(画像のアルバム)。一昨日、友人の結婚式に出席し、その帰りに車を運転しながらこの曲を聴いていました。

 

 今年はなぜか結婚式が立て続き(私の年齢が結婚適齢期ということもありますが)、今年に入って三度目の結婚式でした。これまでに出席してきた結婚式は男性友人の結婚式であったので、女性友人の結婚式に出席するのはこれが初めてでした。これまでの式で新婦を見ていると、両親への感謝の気持ちで涙という場面が多かったのですが、今回は友人の明るい性格もあってか、涙というよりは本当にハッピーで嬉しいというような結婚式でした。

 

 結婚式も無事終わり、仲間と別れ、私は新潟に帰りました。式が他県で行われていたので、帰りは高速に乗って帰りました。一人旅をされる方はわかるかもしれませんが、長時間の車での移動は時間を持て余して色々なことを考えさせられます。特に、結婚式の後ということもあり、別れた彼女のことを思い浮かべていました。自分も彼女とあのまま付き合い続けていたら結婚していたのかなぁと。

 

 別れた彼女には自分から別れを切り出しました。一方的に捨てたという言い方も当てはまるかもしれません。お互いにそうなる理由があったとはいえ、その別れに関しては、私が最低の男であったことは間違いありません。そんな自分が彼女のことを都合良く想うことなどあってはならない、ましてや結婚など。彼女のことを想う資格は私にはないのです。自分だけが傷ついて被害者面することにも自己嫌悪です。彼女の方が傷ついているというのに。

 

 そんなことをぐるぐると考えていた時に不意に流れた曲がこの曲でした。Wikipedia先生によると、この曲は男女の別れの瀬戸際を歌った曲だそうです。傷心の今の自分の心にはとても沁みました。歌っている詩の意味がよく理解できる。いや、できてしまうというべきでしょうか。特にサビの部分はボーカルの桜井和寿さんの歌唱力も相まってとても切なく感じました。

 

 長時間の運転での疲労や眠気、これまでの想いが一気に込み上げてきて、久々に泣いてしまいました。私の車とすれ違ったドライバーは夜中に国道(高速を降りていたので)を走るアラサーの男が車内で号泣しているのを見てさぞかし気持ちが悪かったことでしょう笑

 

 失恋するとわかりますが、世の中には愛や恋を歌ったラブソングはたくさんありますが、失恋ソングというものはあまりないことに気がつきます。大江千里さんの「格好悪いふられ方」や槇原敬之さんの「もう恋なんてしない」など一部の曲は有名ですが、ラブソングと比べると数自体はそんなに多くはありません。

 

 あと、よく「恋愛は時間が解決してくれる」と言いますが、あれほどいい加減な言葉はないですよね。だって、彼女と別れて一年が経ちますが、傷は癒えていませんから。時間で解決する(想いが風化してしまう)恋愛はしていないので。私が思うに、恋愛で負った傷は恋愛で治す(埋める)しかないような気がします。なので、私が以前の恋愛から立ち直れないのは、新しい恋をしていないからだと自己分析しています。

 

 じゃあ、恋をしようという話になりますが、個人的には恋愛って「する」ものではなく、「落ちる」ものだと思っています。無理矢理恋をしようとしても結局上手くいかず、お互いに不幸になるだけです。それは「幸せになること」が目的なのではなく、「恋愛すること」が目的だからではないでしょうか。ただ、出会いのないところに恋は発生しない訳で、そういった意味で恋愛を努力「する」という言い方ならできるかもしれません。また、自分が誰もが放っておかない美人やイケメンならいざ知らず、残念な外見なら尚更新しい恋のきっかけを増やすしかありません。

 

 いつものように話がだいぶ逸れましたが、失恋した時にこの曲はおすすめです。先ほども述べたように、きっと恋愛で負った傷は恋愛でしか治すことはできません。でも、必要以上に傷ついて化膿しないように応急処置をすることはできるのではないかと思います。失恋ソングとは、そんな恋に破れて傷ついた人々を癒し、また次の恋に備えさせてくれる痛み止めのようなものなのではないでしょうか。

 

 私が彼女にしてしまったことは決して許されることではないと思っています。また、連絡先を消してしまった今、もう彼女に謝るすべを持ちません。なので、この心の傷は当分(一生?)癒えることはないでしょう。でも、それでいいのです。自分のしてしまったことを忘れないよう、この傷や痛みを背負って生きていくことこそ必要なのではないかと思います。

 

 心から彼女の幸せを願います。

 

 私もこの曲を聴いて、傷を抱えながらそれでも生きていこうと思います。

 

 

ぺんぎん